通訳の仕事の幅 | ブームの波を乗りこなせ|韓国の翻訳サービスは需要が急増中

ブームの波を乗りこなせ|韓国の翻訳サービスは需要が急増中

通訳の仕事の幅

香港は世界中の企業が集まり、近年大きく経済成長を遂げています。近年香港で会社を出す日本人増えており、多くの方が香港を訪れているのです。その際にまず問題なのが言葉の壁になります。現地の香港のスタッフに通訳の代行を依頼することで相手側に資料の内容や書類の詳細を事細かく伝えることができます。香港は元々イギリス領であり、今でもイギリスのものが町に残っています。香港の通訳の場合では、英語、北京語、広東語、日本語が必要になります。中には4か国語をネイティブ並みに話すことできる優秀な人材もいるのです。契約の際も、公用語の広東語で書かれてある部分にサインをする必要があります。また通訳と交流を深めることで香港の文化を知ることができます。主に通訳の仕事は言葉の話すことですが、営業の代行を行います。また契約書類の作成も行います。最後は観光にも連れて行ってくれます。そのすべてが香港の通訳のサービスになるのです。香港の法人設立サポートも紹介してくれるので、ぜひ香港で会社設立する際は利用するようにしましょう。また、香港では、通訳に種類がります。商談のために通訳やセミナーを仕切る司会をする通訳までいます。ビジネスシーンによって使い分けるができるので覚えておきましょう。基本的に香港の通訳は広東語と英語は話すことができます。ネイティブに近い英語で話すことができ、1人で2か国語をはなすことができるので香港の通訳は優秀な人材ばかりのです。